So-net無料ブログ作成
クロール(2ビート)上達法 ブログトップ

キックのタイミング 反対側キックか同側キックか? [クロール(2ビート)上達法]

□2020.2.3

ゆったりした綺麗な泳ぎに魅せられ、2ビートを練習しています。ターン時ドルフィンキックを入れられるようになり、25mを9ストロークで泳いでいます。ドルフィンをしないと12前後ストロークです。


2ビートクロールのタイミングは、反対側キック(クロスキック)が定説です。

SWIMVICEのコーチ・マンディさんは、同側キックをフラッターキックといい、体の回転(ローリング)が切断されてしまう切断されたキックだと説明しています。

超おとーさんは、「あくまで僕はです」と断りを入れて、同側キック2ビートを、6ビートキッククロールを習得する手段として練習に取り入れていると説明しています。

2ビートクロールは、クロスキックがセオリーだと思っていた私は、6ビートクロール習得のために、同側キックを推奨する超おとーさんに驚きました。超おとーさんの理論を聞いて、6ビートクロールをマスターするための同側キックもありかなと思います。

キックを打ち続けながらのクロールはできますが、それがきちんと6ビートになっているかといえば、正直わかりません。超おとーさんは、完璧な6ビートクロールは非常に難しいといいます。そのタイミングを習得するのに、同側キック2ビートが有効としています。

どんな感覚かなと思い、早速やってみました。クロスキックで2ビートを練習しているので、最初は戸惑いましたが出来ないことはありませんし、左程違和感もありません。

クロールを正確な6ビートでも泳ぎたいので、しばらく反対側キック(クロスキック)に加えて同側キックもやってみようと思います。

●コーチ・マンディさん
切断されたキック?これがフリースタイルテクニックで股関節の回転に起こることです!


●超おとーさん
クロールのキックのタイミング 2ビート6ビートの習得順序や方法



共通テーマ:日記・雑感

キックのタイミングは指導者によりさまざまです! [クロール(2ビート)上達法]

□2020.2.2

ゆったりした綺麗な泳ぎに魅せられ、2ビートを練習しています。ターン時ドルフィンキックを入れられるようになり、25mを9ストロークで泳いでいます。ドルフィンをしないと12前後ストロークです。

2ビートクロールは、キックのタイミングが大事です。タイミングはスイマーそれぞれの感覚によるところが大きいようで、動画によりキックのタイミングの説明は微妙に違います。

①キャッチと同時に同側足キックと説明している指導者もいれば、②エントリーと同時に反対側足キック、③キックと同時に反対手エントリーと説明する指導者もいます。

この動画の指導者は、冒頭で、エントリーしながら反対足のキック、クロスボディと説明しています。最初に見つけた動画の指導者が、①キャッチと同時に同側足キックと指導していましたので、私はキックを先に打つ感覚でキャッチからプルで練習していました。

しかし、この動画を見て、エントリーしながら反対足キック、プルからプッシュでなるべくグライドするタイミングのほうが、前のめり感覚を養え、ワンストロークで進む距離が延びるのではないかと考えるようになり、そのタイミングでの練習に切り替えました。

さらに最近気づいたのは、この動画の指導者が説明しているように、6ビートクロールと2ビートクロールはキックのタイミングが違うのではないかということです。ある指導者は、6ビートの1回目と4回目をキックするのが2ビートキックだと説明しています。しかし、実際やってみると、6ビートと2ビートはリズム感が違います。

ケイティ・レデッキィ選手は2ビートというより1ビートです。右エントリー時は、しっかり左キックを打っていますが、左エントリー時は、ほとんどノーキックです。

違う泳法と考えたほうがいいと思います。

指導者がいない動画での練習は、動画の指導者により指導観が様々ですので、どうしても試行錯誤の連続になってしまいます。所属するジムに水泳教室はありますが、クロールの初級、中級というクラス分けで、2ビートクロール教室はありません。練習はどうしても行きつ戻りつになってしまい、なかなか自分の泳ぎを固めることができませんが、それも練習の一貫かなぁと思っています。

2 Beat Kick Freestyle Chloe Sutton Fitter and Faster Swim To



共通テーマ:日記・雑感
クロール(2ビート)上達法 ブログトップ